東京新聞 2006/5/4 掲載記事